農園 [Santa Maura ・ JAVANICA] El Jasmin

 ジャバニカ    エル・ジャスミン

 

サンタマウラ大農園

 

 

ジャバニカはサンタマウラ大農園で栽培され、標高が高いところから深く霧が入り、他には出せないジャバニカ特有のエレガントな香りを引き立たせます。コクの深い、スパイシーで、それでいて甘いという独特の味を誇り、コーヒー愛飲家から大いに愛されています。ジャバは世界一高価な品種として知られる、コピ・ルワク(ジャコウネコが食べるコーヒーの実のうち、消化されずに排出される豆)の原種とも言われています。

 

このアラビカ種のジャバを生産している地域は世界でも希少ですが、ニカラグアコーヒー屈指の生産圏、標高1,050~1,680メートルの火山性熱帯雨林に囲まれた、豊富な栄養を含む火山灰が多い水はけのよい土壌で生産されています。ここは、ニカラグア北中部のヒノテガ県に位置し、5848ヘクタールに及ぶ民間の自然保護区も擁しています。約300世帯が住みながらも、ニカラグアで最も多種多様な生物が生息しています。年間でも8カ月間程雨期があり、気温も18~23度と安定しています。

 

 

ジャバ二カ種は、インドネシアのジャバ島から来た豆ですが、ここがジャワ島の山と似ているため、非常に高品質で世界でも名高いコーヒーを生産できます。

 

ニカラグア国内の他の地域同様、この農園でもコーヒーはシェードツリーの下で栽培され、柑橘類やバナナ、カカオといった植物と一緒に栽培されているためコーヒーに特徴的なアロマや風味を与えてくれます。お客様が愉しまれる一杯一杯のコーヒーがこの素晴らしい自然保護区保全に寄与し、全人類にとって非常に大切なこの自然の楽園を大事に守る300世帯を超える住人の支えになっているのです。

 

 

 このアラビカ種のジャバを生産している地域は世界でも希少です。
農園は標高1,050~1,680メートルの火山性熱帯雨林に囲まれ、
豊富な栄養を含む火山灰が多い水はけのよい土壌で生産されています。
土壌にはパインリーフが敷き詰められ、その香りはそのままコーヒーに反映されてます

 

自然保護区も擁しており、フルーツの王国ニカラグアならではの多種多様の果物の木
をシェードツリーとしてコーヒーと共に生息しており、果実味のあるコーヒーとなります。

 

驚くほどに華やかな香りのエレガントなコーヒーです。

 

[正式名称]Santa Maura  JAVANICA スペシャルティー(コーヒー)

 

[品種]ジャバニカ 種

 

[収穫時期]11月-3月

 

[標高]1,050 ~ 1,350メートル

 

[地域]ヒノテガ県 (ニカラグア)

 

[農園名]サンタマウラ(HACIENDA SANTA MAURA)

 

[農園主]ホルヘ・チャベス氏

 

[カッピングノート]ドライフルーツ、イチゴのアロマ、コクがあり甘酸っぱく、酸味が強くレモン、ジャスミンの風味 

 

[生産工程]完全洗浄(フルウォッシュ)
 
 
 
 

[1袋]35kg/Bag

※弊社のコーヒーは全てグレインプロ梱包しておりますので、常に豆をフレッシュな状態で保存しておくことができます。