農園 [La Laguna - MARAGOGYPE]-天然水仕立て-

マラゴジッペ -天然水仕立て-

 

サンタマウラ農園 la laguna

 

 

アシエンダ・サンタ・マウラでは様々な種類のコーヒーを栽培していますが、マラゴジッペ種は、農園から湧き出る湧き水を使用し、栽培・精製しております。その名も名水の潟「ラグーナ」

 

シェードツリーもオレンジ・レモンと柑橘系に特化し、ラ・ラグーナマラゴジペが持つ独特なオレンジピールのような酸味を生み出してます。

丁寧に間引きをおこない良質の豆だけを育てる細部までのこだわりがしっかり豆の中の甘味を育て、最後までしっかり風味が残る、まさにビターチョコのようなフルボディーのようなコーヒーです。

 

マラゴジペ(その粒の大きさからエレファント・コーヒーと呼ばれている)はアラビカ種のコーヒーで、1870年にブラジルのバイーア付近の地域で自然の中から発見されました。

 

しかし、その滑らかさと柔らかなビロードを思わせる最高品質のマラゴジペを生産しているのは中央アメリカ、特にニカラグアのみです。

 

そのニカラグア北中部のヒノテガ県から27キロの山間にあるこの農園は、周囲を谷や数多くの渓流で囲まれ、ニカラグアが誇る多種多様な植生物を観賞することができます。世界に二つとないこの自然の楽園は、学生や科学者、国内および海外の来訪者たちに大変喜ばれています。ここはニカラグアでも最も古い農園のひとつで100年以上の歴史を誇っています。また、年間を通して8カ月間ほどの雨季と18~23度という安定した気候がコーヒー栽培に非常に適しています。

 

 

ニカラグア国内の他の地域同様、この農園でもコーヒーはシェードツリーの下で栽培され、柑橘類やバナナ、カカオといった植物と一緒に栽培されているためコーヒーに特徴的なアロマや風味を与えてくれます。アシエンダ・サンタ・マウラでは、40ヘクタールの小さな農園ごとに大事にスペシャルティコーヒーを栽培しています。収穫時期には1000人以上がコーヒー手摘みをするためにここで働きます。

 

 

約1000ヘクタールの規模を持つアシエンダ・サンタ・マウラはその内の420ヘクタールほどをコーヒー栽培に使用し、その他は牧場や農園として使用しています。またここで働く家族の子供たちが通学できる学校や家族が無料で利用できる小さな病院も農園内にあります。

 

 

こういったここで働く労働者たちへの配慮も、アシエンダ・サンタ・マウラからコーヒーを輸入する弊社との取引の一部に含まれています。ですから、お客様が愉しまれる一杯のコーヒーもコーヒー農園で働く方々にしっかりと還元されているのです。サンタ・マウラ農園は是非皆さまにも訪れて頂きたい素晴らしい自然の楽園です。

 

 

 

[正式名称]サンタ・マウラ・マラゴジペ  スペシャルティー(コーヒー)

[品種]マラゴジペ種

[収穫時期]12月-5月

[標高]1,050 ~ 1,350メートル

[地域]ヒノテガ県 (ニカラグア)

[農園名]アシエンダ・サンタ・マウラ ラ・ラグーナ農園

[農園主]ホルヘ・チャベス 氏

[カッピングノート]クリーミーなカップ、コク、酸味共に中程度  オレンジやチョコレート風味の繊細なアロマ

[生産工程]完全洗浄(フルウォッシュ)

[1袋]70kg/Bag

 ※弊社のコーヒーは全てグレインプロ梱包しておりますので、常に豆をフレッシュな状態で保存しておくことができます。